弁護士から催促する

債権回収について弁護士に相談してみたいと考える人の多くは、既にご自身で相手に対して何らかのアクションを取った結果、それでも相手が支払いを拒否しているという状況ではないかと思います。こうした時には弁護士の力を貸してもらうという方法があります。間に弁護士が入ることによって相手に自分の本気度が伝わるだけでなく、直接相手とのやり取りをしなくて良くなるため精神的な負担を軽減してくれるというメリットもあります。

弁護士ができるアクションとして、直接相手に電話をかけて催促したり、相手と面談をする方法があります。弁護士という客観的な第三者が間に入るため、感情的になることも少なくなり落ち着いて対処ができるようになります。

また、書面で相手に催促してもらうこともできます。個人や会社の名義で内容証明郵便を送ることもできますが、これだけだと強制力が弱く相手に無視されてしまうことがあります。しかし、同じ内容証明郵便でも弁護士名義で出されると、このまま放っておけば裁判になるかもしれないといったプレッシャーを相手に与えることができます。また、後から実際に裁判になった際にも、内容証明郵便があれば相手に対して支払いをするよう告知した証拠となるため重要になってきます。

Back to Top